FC2ブログ

Er9xテンプレートでのHK450TT proの設定_1

以前に「Er9xでの450ヘリの設定方法」を掲載しましたが、現在は新しいヘリ用テンプレートが提供されています。そこで、あらためてghost氏が設定方法を書き直したものを以下に翻訳いたします。

個人的にCopterX CX 250SEのモデルデータ設定が必要になったので、参考のために取り急ぎ翻訳してみることにしました。
ただし、これは8ch受信機用です。おそらくTurnigy 9Xの8ch受信機を使うことを前提に書かれているのでしょう。したがって、私のように6ch受信機を使う場合には、そのまま使うことはできません。さらに送信機のスティックモードは欧米でデフォルトのモード2です。モード1の方はチャンネル読み替えが必要です。同様にチャンネル順序にも注意して、必要があれば以下の説明を参考にして適宜変更して下さい。テンプレートのチャンネル順序はRETAです。とにかくRC Groupsの設定データを使う時は、これらの読み替えが面倒です。(^^ゞ

なお、Turnigy 9Xのデフォルト(標準)のチャンネル順序は:
Channel 1- Aile(エルロン)
Channel 2- Elev(エレベーター)
Channel 3- Thro(スロットル)
Channel 4- Rudd(ラダー)
Channel 5- GYR(ジャイロ)
Channel 6- Pit.(ピッチ)


上記のチャンネル順序はフタバ送受信機の順序と同じです。ところが、私のインストールしたer9x(r349)のテンプレート設定では次のとおりとなっていました。
Channel 1- Rudd(ラダー)
Channel 2- Elev(エレベーター)
Channel 3- Thro(スロットル)
Channel 4- Aile(エルロン)
Channel 5- GYR(ジャイロ)
Channel 6- Pit.(ピッチ)


また、JR/Spektrum送受信機のチャンネル順序は次のとおりです。
Channel 1- Thro(スロットル)
Channel 2- Aile(エルロン)
Channel 3- Elev(エレベーター)
Channel 4- Rudd(ラダー)
Channel 5- GYR(ジャイロ)
Channel 6- Pit.(ピッチ)


最後のご注意ですが、以下の説明で使用したテンプレートはEr9xのr322のものです。Er9xのバージョンが上がるとテンプレートも少し変っています。(^^)

------------ ここから ------------


Er9x heli setup using the template(Er9xテンプレートを使用してのヘリ設定)

このチュートリアルでは、(Er9xに付属している)テンプレートを使用してHK450TT proヘリコプターの設定を行います。これまでにヘリコプターの設定をしたことがない方は、http://www.helifreak.comのFinless Bobのビデオシリーズを見て下さい。彼の情報は偉大で、基本のすべてと、いくつかのヘリコプターの設定方法の理由を教えてくれます。
設定の前にEr9xのマニュアルを読んで下さい。また、ヘリは組立を完了しておいて下さい。少なくともサーボの接続が始められれば、サーボの動きと動作方向はテストできます。この文書はEr9xのバージョン322を使用して書いています。少なくともあなたのバージョンは確認して下さい。そうしないと以下の文書と同じように動かないかもしれません。

では、始めましょう。以下の作業では、ヘリの受信機にバッテリーを繋ぐか、またはモーターの電源プラグを抜いて下さい。そうしないと、突然モーターが回り出して、ケガをします。

まず、9x送信機の電源を入れて下さい。中身のないメモリースロットを選んでから、templates menu(10/10)に行きます。"heli setup"にスクロールダウンし、menuボタンを長押しします。音が出る設定になっていれば、ビープ音が聞こえるでしょう。
exitキーを押して、heliメニュー(3/10)に移ります。私はここでのオプション(選択肢)について簡単に説明します。Swash typeはスワッシュプレートのレイアウトを設定します。HK450は120°スワッシュです。なので、ここは120にセットします。120Xも同じですが、サーボがメインシャフトの周りを90°移動しています。140は140°スワッシュです。最後の90は90°スワッシュです。Collectiveは、あなたがどのチャンネルからコレクティブ入力を得るかを決定します。今のところはCH11のままにしておきます。Swash ringはスワッシュサーボのlimitsのようなものです。後ほど説明します。下の3つのDirectionはそれぞれのサイクリック(エレベーター、エルロン、ピッチ)の方向を反転させるためのものです。

ではmixerメニュー(5/10)へ行きましょう。最初の3つは100% CYCx(CYC1~CYC3)にする必要があります。CYCxはCCPMのコントロールです。CYC1は前方/後方のサイクリック・サーボ(エレベーター・サーボ)のコントロールです。CYC2とCYC3はロール・サイクリックのコントロールです。もしあなたのチャンネルがこれと違って受信機に接続されているなら、つまりスロットルがCH3でないなら、今すぐにそれらを変更して下さい。eepeを使えばチャンネル順序の変更はとても簡単です。メインブレードのピッチはCH11でコントロールされます。さっそくCH11に新しいミキサーを追加して、次のように設定します。

R 100%THR Switch(ELE) c7

これはあなたがサーボのアームを水平にセッティングする間、スロットルスティックをゼロにしなくても、ピッチをゼロにすることを可能にします。
このmixerの意味は、もしELEスイッチが切り替え(ON)られたら、カーブ7を使って、送信機をダウンさせることです。
カーブ7はすべてゼロです。ですからスロットルスティックがどこにあってもピッチはゼロのままです。

------------ ここまで ------------


続きます。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tiger22さん、上記で8ch専用との記載をされておりますが、世界中でへり設定を6chより多いチャネル数を基本に考える人は数少ないと思います。
たぶん、送信チャネルとは別に、プロポ設定用に他のチャネルを使っているのだと思いますが、どうでしょうか?

er9xは、受信機の性能に合わせ送信チャネル数を設定できます。
ですから、そのチャネル以上のチャネルはプロポ側プログラミングで自由に使えるわけです。
ここ重要です。
これを理解できれば、er9xを有効に使える可能性がとても広がりますよ。

一般にヘリの基本操作で 基本が6chですから8CH使う設定はまず無いですよね。
送信に8ch使っているのか、内部で使っているのかよ~く調べられた方が良いですよ。

Re: No title

onlooker7921さん、こんにちは。

よく調べないで訳している段階で、ミスしたようですね。(^^ゞ
間違っていると思われる部分を削除しました。
6チャンネル受信機でこのテンプレートは使用できるということですね。
了解しました。
ありがとうございます。m(_ _)m

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
ブログ内検索(FC2)
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR