KingKong 90GT と OpenTX: BetaFlight でのトラベルアジャスト調整

https://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?2807230-KingKong-90GT-90MM-Brushless-FPV-Racer/page42


---------------

Mar 17, 2017, 01:14 PM
Datosさん:

質問です。
私は A800 FrSKY 受信機を使っています。

BetaFlight の Receiver タブで各チャンネルをキャリブレートして、各チャンネルのトラベルを最低 1000 ~最大 2000 の範囲とし中央値を 1500 にしたいと思っています。しかし、送信機のトラベルアジャストを -100 と 100 にしても、BetaFlight では 1053 と 1950 になります。どうしてですか? 他のクアッドではこんなことはありません。KingKong 90GT だけトラベルがズレます。



Mar 17, 2017, 02:48 PM
Reavskiさん:

Datosさん。2つのやり方があります。送信機のエンドポイント設定で調整する方法と、Betaflight で設定する方法です。Betaflight の CLI では、"rxrange [channel number] [minimum displayed value] [maximum displayed value]" とタイプして、次に "save" します。BF configurator では、各チャンネルは 0 チャンネルから、トップ、ボトムの順番に表示されることを覚えておいて下さい。

ですから、あなたの場合、1チャンネルは "rxrange 0 1053 1950" と入力します。次に必要に応じて 0 ~ 3 の他のチャンネルも修正して下さい。正確に調整するには、これを数回やってみる必要があるかもしれません。"rxrange [0-3] 1000 2000" とタイプすればデフォルトに戻せますから、恐れずに試して下さい。変更したら "save" することを忘れないで下さい。



Mar 17, 2017, 03:26 PM
Datosさん:

Reavskiさん。ありがとうございます。
OpenTX の送信機では、 -100 と +100 を越えるエンドポイントの調整ができません。値を最大にしても、BetaFlight で 1000 と 2000 にすることができません。ですから、私は CLI で調整してみようと思います。



Mar 17, 2017, 04:09 PM
xGSEadamxさん:

Datosさん。私も同じ悩みを抱えています。Taranis 送信機のリミットを拡張(enabled Extended Limits)しましたが、それでもまだ 1060 ~ 1940 の範囲にしかなりません。CLI で調整してみようと思います。



Mar 18, 2017, 04:48 AM
Datosさん:

Reavskiさん、成功しました。ありがとうございます。



Mar 18, 2017, 05:30 AM
Reavskiさん:

Datosさん。お役に立ててうれしいです。KingKong 90GT のどこが良いか、みなさんに教えて下さい。



Mar 18, 2017, 05:37 AM
Datosさん:

レビューに詳しく書くつもりですが、簡単に言うと。

好きなところは、十分なパワーがあり、もっと大型のクアッドのように良く飛ぶところです。カメラも悪くないです。

嫌いなところは、バッテリーが良くなくて飛行時間が 3分です。LVC 機能もありません。


Mar 19, 2017, 04:55 AM
Xlivertyさん:

(ビデオ)KingKong 90GT - Micro Brushless FPV Racer - OSD Mod, DSHOT600, Leds, Testflight
https://www.youtube.com/watch?v=oyoBM8YxLKI&t=38s



Mar 19, 2017, 12:40 PM
Billysnarfさん:

BetaFlight 3.1.6 にアップデートして、Dshot600 を試すことに決めました。しかし、Dshot600 を選択して、ESC のキャリブレーションをやろうとしても上手く出来ません。



Mar 19, 2017, 12:53 PM
Datosさん:

Billysnarfさん。キャリブレーションは不要です。私のこの文書を読んで下さい。

https://marketchangers.wordpress.com/%D0%BE%D0%B1%D0%B7%D0%BE%D1%80%D1%8B/hobbywing-xrotor-22052300kv-xrotor-micro-blheli_s-dshot600-review-and-tuning-guide/

---------------






祝! 米国連邦控訴裁判所が FAA 登録規則を違法と判決!

私のブログで、米国のドローン規制に関して書くのは、約 15ヶ月ぶりになります。このブログでは基本的に重量 200g 未満のコプターしか扱っていないので、ドローン規制のことはほとんど忘れかけていました。(^_^)

ところが、数日前に面白いニュースが飛び込んできました。

遊びのための模型のドローンも登録対象とするFAAの規則を連邦裁が否認、単純にホビイストの勝利にはならない模様

ちょっと文章が難解です。ドローン規制をよく知らない人が翻訳したのでしょう。


RC Groups にもスレッドが立っています。我々ホビーストの立場から書かれていますので翻訳してみましょう。

https://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?2890686-Federal-Appeals-Court-The-FAA-s-Registration-Rule-Violates-Section-336


---------------

Federal Appeals Court: The FAA's Registration Rule Violates Section 336
(連邦控訴裁判所:FAA の登録規則は第 336 条に違反)


John A. Taylor氏は連邦控訴裁判所で FAA(米国連邦航空局)に勝訴し、ドローンと模型航空機に義務づけられた FAA registration(FAA 登録)の無効を勝ち取りました。


May 19, 2017, 12:11 PM
By Matt Gunn

170524_1 FAA登録は無効


Is This The End of Meaningless Hobby FAA Registration?
(これで、ホビーにとって無意味な FAA 登録規則は、お終いですか?)


RC Groups メンバーである John A. Taylor氏は、FAA の小型無人航空機登録規則(FAA's Small Unmanned Aircraft Registration)の違法性につき、2017年3月14日に裁判所に訴え出ました。Taylor氏はメリーランドの弁護士ですが、2012年のFAA 近代化改革法の第 336 条(section 336 of the FAA Modernization and Reform Act of 2012)は、模型航空機の登録を含めたさらなる規制を明確に禁じていると主張しました。

本日、コロンビア特別管区連邦控訴裁判所は、ドローンとホビー用模型航空機の登録規則(registration)は、2012年の FAA 近代化改革法(第 336 条)に違反し、無効であると判決しました。これはホビー用模型航空機のパイロットにとっての大勝利です。我々は FAA 登録を義務づけられ、違反すれば厳しい罰則が待っていました。

これで模型航空機の暗黒時代が終わるのでしょうか? そう願いたいところですが、模型航空機およびそのパイロットと対決する FAA のこれまでの姿勢を考えると、米国連邦航空局(FAA)は何らかの形で報復に出てくる可能性があります。そうならないことを望みましょう。しかし今日のところは、模型航空機のためのダビデ対ゴリアテ風の勝利(David versus Goliath-style victory)をみんなで一緒に祝うとしましょう!



Quotes From the Ruling by The United States Court of Appeals
(米国控訴裁判所の判決からの引用)


「要するに、2012年の FAA 近代化改革法は、FAA は「模型航空機に関する規則や規制を公布することができない」と規定しています。しかるに、FAA の2015年の登録規則(FAA’s 2015 Registration Rule)は「模型航空機に関する規則や規制」に該当します。法令解釈ほど単純なものはありません。登録規則(The Registration Rule)を模型航空機に適用することは違法です。」(以下省略)

(一部省略)

「FAA の登録規則(The FAA’s Registration Rule)は、FAA 近代化改革法第 336 条(Section 336 of the FAA Modernization and Reform Act)に違反しています。我々は、登録規則の見直しを求める Taylor氏の申請を認め、模型航空機に関する登録規則(The Registration Rule)は無効とします。」


Last edited by Matt Gunn; May 19, 2017 at 12:11 PM.

---------------


スレッドが立ってから約 5日ですが、投稿はすでに 25ページに達しています。
AMA にもできなかったことを、1人の RC Groups メンバーが国を相手に戦って、やり遂げたワケですから、まあ当然の盛り上がりと言えるでしょう。

米国の仲間たちに日本からエールを送りたいと思います。(*^_^*)






Taranis Q X7 送信機: OpenTX 2.2.0 RC18(N371)

https://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?2818003-FrSKY-Taranis-Q-X7-FAQ-discussion-info-the-younger-full-featured-radio/page227


---------------

Apr 12, 2017, 10:50 PM
pressalltheknobsさん:

Taranis Q X7 送信機のファームウェアを、OpenTX 2.2.0 RC13 から RC15 (N368) へアップデートし、うまく行きました。



Apr 12, 2017, 10:52 PM
mpjf01さん:

ビギナーの方へ。マルチローター用の設定はここからダウンロードできます。

http://rcsettings.com/index.php/viewcategory/6-multirotors



Apr 14, 2017, 12:58 PM
Jet_Flyerさん:

OpenTX 2.2.0 RC16 がアップロードされました。

OpenTX 2.2.0 RC16 (N369)


Mike



Apr 16, 2017, 09:39 AM
charlie601さん:

みなさん、こんにちは。私はホビークアッドのビギナーですが、Taranis Q X7 送信機を買いました。Betaflight でスイッチの設定をしようとしていますが、うまくできません。

私の Q X7 送信機には Opentx 2.2 がインストールされていて、日付は 2017-2-23 となっています。

どうしたら良いでしょうか?



Apr 16, 2017, 12:55 PM
charlie601さん:

このビデオどおりにやってみましたが・・・。

(ビデオ)Taranis Q X7: Creating Switches (and Betaflight set up)
https://www.youtube.com/watch?v=0nSxseyfBPk



Apr 16, 2017, 02:29 PM
Datosさん:

charlie601さん。私の書いたマニュアルを読んで下さい。

https://www.rcgroups.com/forums/showpost.php?p=36978064&postcount=2041



Apr 20, 2017, 05:44 AM
Andy1248さん:

OpenTX 2.2.0 RC12 (N364) から RC16 (N369) に無事アップデートできました。bin ファイルを SD カードにコピーして、bootloader を使ってフラッシュしました。bootloader も SD カードからアップデートしました。



Apr 23, 2017, 01:45 AM
Deserteagleさん:

2カ所、手を入れました。

1. デカールを購入して貼りました。目出ちます。
http://www.nxgraphics.ca/product-category/radio-air/

2. hobby king から買った 4000mah 2S リポバッテリーを使っています。
https://hobbyking.com/en_us/turnigy-4000mah-spektrum-compatible-dx9-dx8-dx7s-intelligent-transmitter-pack.html

【管理人注: 写真など詳しくは以下を参照】
https://www.rcgroups.com/forums/showpost.php?p=37370360&postcount=3549



Apr 27, 2017, 09:25 AM
pressalltheknobsさん:

OpenTX 2.2.0 RC17 (N370) が最新です。

OpenTX 2.2.0 RC17 (N370)




Apr 29, 2017, 12:30 PM
Jet_Flyerさん:

Q X7 送信機用の新しい OpenTX RC18 の RAS (Relative Antenna Status) 機能が外部XJTモジュールで動作することを確認しました。 また、Tadangoの RAS Lua スクリプトをインストールすると、テレメトリ画面に RAS を追加できます。

Mike

【管理人注:】
OpenTX 2.2.0 RC18 (N371)

---------------






Trex-150X はサーボがダメ

https://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=2726545&page=22


---------------

Apr 11, 2017, 12:08 PM
zadawさん:

230回の飛行で、6つ目のサーボが壊れました。Trex-150X のサーボは、恐ろしいほど弱いです。



Apr 12, 2017, 09:42 AM
ChespiIkerさん:

150 と 150X のサーボは同じものです・・・2回飛行しただけで、2つのサーボが壊れました! メタルギアに交換しましたが、サーボの電子回路が悪いからダメです・・・。私は過去 5年間で、Hisky 100S と Align 150 を含め 40機以上のヘリコプターを飛ばしましたが、その中の最悪ヘリが Trex-150X でした。
・・・いや、やはり・・・ 150X をお持ちのみなさんが、150X を楽しく飛ばしていらっしゃるのなら、それで良いです! 私のような経験をされなくて良かったですね!



Apr 26, 2017, 10:28 AM
zadawさん:

異なるヘリを連続で飛ばしていて、2つのサーボが壊れました。最近の 305回の飛行で、合計 8つのサーボが壊れました。これは受け入れ難いです。ダメなサーボは 180CFX に元からついているテールサーボだけです。サーボを壊さないための唯一の方法は、クラッシュさせないことです。これからは Blade 130S を主に飛ばそうと思います。



Apr 26, 2017, 11:19 AM
ChespiIkerさん:

2機の Trex-150X を飛ばしていて、そのサーボが 2つ壊れたんですか?
Blade 130S はどうです?



Apr 26, 2017, 11:30 AM
zadawさん:

2機の Trex-150X のサーボです。

Blade 130S はこれまでに 74回飛ばしましたが、メインギア 3個とテールブレード 4つが壊れました。テールブレードが非常に弱いようです。Lynx に交換したら良いかも知れません。
Trex-150X に較べると、Blade 130S の飛び方はかなりおとなしいです。3D 飛行するためには、最大に設定する必要がありました。



Apr 27, 2017, 06:26 PM
ChespiIkerさん:

ありがとうございます・・・。
私は 150X 用の新しい ESC を買うかどうかで、まだ迷っています・・・今の気持ちは、Trex-150X を諦める方に傾いています!



Apr 30, 2017, 09:30 AM
dankar04さん:

どちらにせよ、幸運を祈ります。



May 01, 2017, 12:17 AM
ChespiIkerさん:

ありがとう! 最悪のヘリ、しかも高価格! 宣伝文句に釣られて、買ってしまいました・・・。



May 04, 2017, 08:39 AM
dankar04さん:

問題は、彼らがこんな小さいヘリにいろんなものを詰め込み過ぎたことですね。

---------------






Blade Inductrix(インダクトリックス) FPV Pro 発売中!!

藪 丈二さんから教えていただきました。Blade Inductrix FPV が、Blade Inductrix FPV Pro にバージョンアップしました。ビデオをご覧下さい。(*^_^*)

(ビデオ)Blade Inductrix FPV Pro BNF
https://www.youtube.com/watch?time_continue=307&v=61PzqY23D-w


すでにエアクラフトさんでも販売されています。日本語の解説がありますので、私の方では商品説明を省略します。下のリンクからお読み下さい。

Blade Inductrix FPV Pro BNF(エアクラフト)


RC Groups でもスレッドが立っています。

170521_1 Inductrix FPV Pro

https://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?2886613-Blade-Inductrix-FPV-Pro-BNF



Blade Inductrix(インダクトリックス)の歴史を振り返ってみましょう。

1. 室内用マイクロクアッドに革命を起こしたのが、Blade Inductrix という世界初のダクテッドファンのマイクロクアッドです。2015年 8月頃の発売です。私は 2016年 3月に購入しましたが、当時日本ではあまり話題になっていませんでした。Inductrix はこれまでになく静かで安全な高性能クアッドで、操縦がとても簡単なのに驚いた記憶があります。もちろん、発売直後から世界各国(日本を除く)で大人気になりました。

2. 2016年。折からの FPV クアッドのブームに乗って、Blade Inductrix にカメラを搭載して FPV 化することが流行します。Blade Inductrix をベースに改造した FPV クアッドは、Tiny Whoop(タイニーフープ)と呼ばれ、Tiny Whoop による屋内 FPV レースが世界各地で開かれるようになりました。Tiny Whoop 改造キットが発売され、Tiny Whoop は世界的大流行となって行きました。

3. 2016年 3月、Blade は FPV 市場を狙って、Inductrix を FPV 化した新モデル Blade Inductrix 200 FPV を新発売しました。しかし、残念なことにこのモデルは空振りに終わります。ユーザーが欲したのは、Blade Inductrix の FPV 版だったのです。Blade Inductrix は90 サイズのクアッドで、モーター間の対角線長が 90mm しかありません。Inductrix 200 FPV は大きすぎました。

4. これに気づいた Blade は Tiny Whoop ブームにあやかろうと、2016年 9月末頃に Blade 版 Tiny Whoop を新発売します。それが Blade Inductrix FPV です。しかしこれは、飛行時間の短さが問題となって、Inductrix FPV はスタートでつまづきます。幸い私が購入した Inductrix FPV は 3分以上飛行できました。この間に、Tiny Whoop の中華コピー機が何種類も発売され、低価格を武器に Tiny Whoop 市場を奪って行きました。初期不良に対する Blade の対応は良心的とは言えず、ユーザーの間にしこりを残しました。

5. そして、今回の Blade Inductrix FPV Pro の新発売につながって行きます。最近の Blade の新製品は発売直後の不具合が目立ちます。Blade Inductrix FPV、BLADE 230 S、E-flite Convergence VTOL、BLADE 130 S ・・・。新製品には飛びつかない方が良いでしょう。購入する場合、3ヶ月くらい待った方が安全です。(^_^)



次に、Blade Inductrix FPV Pro の特徴を見てみましょう。

・ F3 フライトコントローラと Betaflight ファームウェアの新採用
・ ブラシモーターのハイパワー化(19000Kv)
・ 新フレームの採用で、耐久性が向上
・ FPV カメラに傾斜角がつき、VTX アンテナが改善されて耐久度が向上
・ 旧型よりも軽くなった


残念ながら、Inductrix FPV で問題になったバッテリーコネクタが改善されていません。
F3 フライトコントローラと Betaflight ファームウェアは、このところの中華マイクロ FPV クアッド勢の定番です。Blade は独自の SAFE システムを捨てて、中華の F3 + Betaflight に追随したわけです・・・。

中華マイクロ FPV クアッド勢との差が、ますますなくなりました。中華マイクロ FPV クアッドは、FrSky、DSM2/DSMX、Flysky に対応しているものが多いので、無線プロトコル的には Blade 製品よりも中華が優位にあります。Inductrix FPV Pro は、DSM2/DSMX を使いたい人以外には、あまり魅力的な製品には見えないでしょう。

しかも、その中華マイクロ FPV クアッドは、ブラシモーターから高性能なブラシレスモーターに移行が進んでいます。Inductrix FPV Pro は 90mm ですが、これよりずっと小さい 58mm のクアッドさえブラシレス化されています。

戻って、F3 フライトコントローラと Betaflight ファームウェアを使うことの問題点は、ユーザーにコンピュータを使って設定することを求めることです。最近はスマホやタブレットで手軽にインターネットにアクセスできるので、パソコンが使えない人が増えています。

パソコンが使えない人にとっては、ホビークアッドやホビーラジコンを気軽に楽しめない時代になりつつあるのかも知れません。また、日本にこれらのメーカーがないため、最新情報は英語で読むしかありません。これも大きな障壁になっています。





Amazon キャンペーン
Amazon おすすめ
カテゴリ
プロフィール

tiger22

Author:tiger22
好きなもの・・・蕎麦、JUDAS PRIEST、確率論、タイガー戦車。

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
ブログ内の検索
カスタム検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR